世界観 | ブレイブリーデフォルト フェアリーズエフェクト | SQUARE ENIX

ブレイブリーデフォルト BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT

WORLD

第1章

物語の始まりは、『大崩壊』の後の荒廃した時代――。
クリスタルを文明の基軸とする国々が結集した『光の連合』と、それを否定する『鉄騎同盟』…ふたつの勢力が激しく争っていた。

水の勢力リプローエルの士官である主人公は、風の勢力ウィンドニアの士官、エースとリズと共に『古代書庫』に赴いていた。3人は、圧倒的な武力を背景に侵攻を繰り返す鉄騎同盟への対抗手段を探るために、クリスタルが最も輝きに満ちていたルクセンダルク期について調査する任務をそれぞれの主君から命じられていたのであった。

砂に埋もれた古代書庫のさらに奥深く…、ルクセンダルク期の書物が収められた部屋で調査を続ける3人に対して、レイコック大佐率いる鉄騎同盟の強襲部隊が襲い掛かる…!

激しい銃撃の最中、レイコックは、水のクリスタルの砕滅と、主人公の祖国リプローエルの滅亡を告げる。

激昂したエースが倒れ、リズもまた主人公をかばって銃弾に倒れる…。

祖国、主君、親友兄妹…すべてを失い絶望に暮れた主人公は、現れたクリスタルの精霊リンネが差し出す手に応える。

2人の姿は、まばゆい光に包まれて古代書庫からかき消えた…。

***

目を覚ますとそこは、砂漠に隣接する賑やかな街、『魔法学園都市イスタンタール』だった…。

学生や旅人、冒険家たちで賑わう街に出てみると、主人公が砂漠で行き倒れになっていたこと、街まで運び込んでくれた人がいることを知らされ、この時代が、公国暦17年といって、元いた時代から8000年も過去の世界であることが判明する。

ジョバンニ、ステイシー、ユウ、モーリス…と、多くの人々と出会い、関わりを持ち、助け合う中で、エースから託された『想いの欠片』越しに見える未来の様子に変化が現れ始め、自分のとった行動が、未来を変え得ること…絶望に染められた未来に希望の光を再び灯すことができるということに気づかされた。

しかし、何をすれば未来が好転するのか…確かな答えなどない。ひとまずは、砂漠で行き倒れていた自分を救ってくれた恩人…貧乏講師のモーリスが描く夢、飛行石を使わない飛空艇の開発の手助けをすることにした。

  • モーリス
    CV.山下大輝

    ユリアニスの兄。
    飛行石を使わない飛空艇の開発に情熱を燃やしている若きエンジニア。
    砂の十三氏族という名門の家に生まれながら、家業が傾いてからは魔法学園都市イスタンタールで航空力学の講師をして細々と生計を立てている。
    お人よしで、困っている人を放っておけない性格の持ち主で、砂漠で行き倒れになっていた主人公を発見してイスタンタールに運び込んだ。

  • 冒険家ジョバンニ
    CV.増田俊樹

    魔法学園都市イスタンタールを根城にしている冒険家の一人。
    腕っ節が強く冒険家の先輩として頼りになる反面、早とちりで少々ガサツなのが玉に瑕。相棒のステイシーと一緒に主人公のクエストを手伝ってくれる。

  • 冒険家ステイシー
    CV.遠藤ゆりか

    魔法学園都市イスタンタールを拠点にして一旗挙げようとしている冒険家。
    姉御肌で、腕っ節と気の強さはその辺の男どもには引けを取らない。
    相棒のジョバンニと一緒に主人公のクエストを手伝ってくれる。

  • ユウ
    CV.浪川大輔

    魔法学園都市イスタンタールに寄宿する学生。
    卒論に悪戦苦戦しており、主人公にモンスター観察の護衛を依頼したことがきっかけで知り合った。
    親交を深めた2人は、以降、互いに手が空いてる時には手伝い合う仲になった。

  • ドン・クールサイン
    CV.浜添伸也

    首都ラクリーカで一番の重機工場を経営する敏腕社長。
    政財界に顔の利く地元の名士だが、家格で勝るモーリスにライバル心を抱いており、金にものを言わせて先ごろ飛行石を使用しない飛空艇を完成させた。
    その飛空艇のエンジン音はサンドワームの求愛の鳴き声に似ており、方々で騒動を起こしている。

PAGE TOP