ブレイブリーデフォルト BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT

WORLD

第14章

ウネリとともに『水の信託の儀』を成し遂げ、未来の世界では水のクリスタルが立派に成長し、世界を照らした。
水の新水晶の発見を巡っては、エースたち『光の連合』の兵と、レイコックが放ったルーディスの隠密部隊との間で戦闘があったのだが、エースによれば、風の新水晶の時に比べて敵の新水晶の場所を特定する精度が増しているように思えたらしい。

レイコックが放ったルーディスの隠密部隊が、なぜエースたちと同じ時期に新水晶の位置を察知できたのか…?
一抹の不安を覚えつつも、主人公は火のクリスタルの核を託すべく、エイゼンベルグのゲキテツ父娘を訪ねる。

山野に隠れ住み、領地を持たない鉄砲衆にとっては、どこにクリスタルの核を秘匿するかが課題であった。事の重大性を理解した上で安請け合いすべきでないと考えるゲキテツと、命の恩人である主人公の願いを叶えたいヒナワ…父娘の意見は、真っ二つに分かれた。

一方、血斧騎士団を利用してきたロマックと、ロマックの本性に気づいた血斧将たちとの因縁に決着がつこうとしていた。

血斧十の将ジュウゾウとともに血斧騎士団全滅の地『ユルヤナの森』を訪ねたレイコックは、ある人物と出会い自らの首のアザがうずくのを感じるのであった。

  • 鉄砲衆の少女ヒナワ
    CV.逢田梨香子

    エイゼンベルグの少数部族『鉄砲衆』の長、ゲキテツの一人娘。15歳。
    自ら仕留めた獲物で作った鍋料理が大好物。
    山奥でひっそりと暮らそうとするゲキテツとは違い、偉大なる鉄砲衆の名を世の中に知らしめたいと常日頃から思っている。

  • 鉄砲衆族長ゲキテツ
    CV.中博史

    エイゼンベルグの少数部族『鉄砲衆』の族長でヒナワの父親。
    火の扱い、とりわけ銃の扱いで右に出る者はいない。
    カッカ火山を信仰する火の民の末裔とされ、人里を離れ、ヒナワとともに山野に隠れ住んでいる。

  • ダーク・ロマック大司祭
    CV.青山穣

    クリスタル正教の名門ロマック家の当主で、法王庁を牛耳る『長老派』の頂点に君臨する大司祭。
    クリスタル正教とエタルニア公国の和平に真っ向から反対し、あらゆる手段を講じて交渉を妨害してきた。かつての血斧騎士団の軍監で、血斧騎士たちを統括するための術を身につけている。

  • 血斧弐の将レッカ
    CV.井上喜久子

    血斧二十四将のNo.2で、亡き血斧騎士団団長の妻。16年前の戦役で夫を、その後のエタルニア動乱で生まれたばかりの子と生き別れになり、憎しみを糧に生きている。血斧騎士バーンの姉。
    背中に紅月(こうげつ)の紋を持つ。

  • 血斧死の将ワーレン
    CV.藤沼健人

    血斧二十四将のひとり。エイゼンベルグの山中に隠れ住んでいたところを血斧九の将ダラケの訪問を受ける。
    右肩に死神の紋を持つ。

  • 血斧十の将ジュウゾウ

    血斧二十四将のひとり。
    ござる口調のまるで古武士のような大男。
    16年前、血斧騎士団が全滅した戦役でワーレンとともに血斧騎士団団長の近習をしていた。騎士団が全滅した後は、特に目的もなく生をむさぼっていたが、ある者と出会い共に行動することになる。
    右肩に鬼の紋を持つ。

  • Secret guest

PAGE TOP