ブレイブリーデフォルト BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT

WORLD

外伝1

ある日、リンネが大量のメモ書きを見つけてきた。
それは、いろいろな事情から表に出せないものや、まとめが必要なエピソードを手記の編纂からは除外して、荷物の陰に隠していたものだった。
「まったくもったいない! ただでさえ手帳をあんな不便な場所にしまっておいて。その上まとめていないエピソードまであっただなんて!! これは私が預かって、責任を持って編纂してあげるわ…!」
少しだけ鼻の穴を膨らまして自信たっぷりにうなずいているリンネは、話をどんどん進めてゆく。

膨大なメモ書きを見つくろっていたリンネは、十数枚にも及ぶひとまとまりのメモを取り出して言った。
「じゃーん! こんなものを見つけたわ!」
…こうして、最初の外伝候補は『ジャンの50番勝負』に決まったのであった。

………………………

イスタンタールの自警団協会に匿名の依頼が届いた…。
「正教騎士三銃士の昇進試験を妨害せんと、有力貴族の子弟が兵を集めている…」
そこには昇進試験を受けるのがジャン・アンガルドであることも、そして彼を助けるようにも書かれてはいなかったが、ジャンに近しい者にはその依頼が言わんとしていることがすぐに伝わった。
貴族連合は200名からの軍勢を動員できるのに対して、ジャンを護衛するのは、騎士見習いも含めたわずか50名の『同志隊』だけ…。

ジャンの危機に我を忘れて飛び出そうとするステイシーとそれをなだめるジョバンニ。
2人に協力することにした主人公は、モーリスにテイコフJr.号を出してもらい、さらには公国のアナゼルにも協力を要請することを提案した。

一方、圧倒的不利な状況であることは知りながらも、ジャンは正教騎士三銃士の昇進試験、50番勝負へと挑む。
理想、名誉、立身、保身、意地…。
…様々な想いを胸に、ジャンの前に立ちはだかる有力貴族50家の騎士たち。

ジャンの剣が一閃するたびに、クリスタル正教に潜む闇が明らかになってゆき、闇が極まる時…、慟哭の丘を巨大な悪意が包み込む!!

  • 冒険家ジョバンニ
    CV.増田俊樹

    魔法学園都市イスタンタールを根城にしている冒険家の一人。
    腕っ節が強く冒険家の先輩として頼りになる反面、早とちりで少々ガサツなのが玉に瑕。相棒のステイシーと一緒に主人公のクエストを手伝ってくれる。

  • 冒険家ステイシー
    CV.遠藤ゆりか

    魔法学園都市イスタンタールを拠点にして一旗挙げようとしている冒険家。
    姉御肌で、腕っ節と気の強さはその辺の男どもには引けを取らない。
    相棒のジョバンニと一緒に主人公のクエストを手伝ってくれる。

  • Secret guest

PAGE TOP